www.icsinternetservices.com

パソコンの前に座って絶えず動いているマーケットをご覧になっていると何となくトレードをしたくなるという抑えようのない気持ちに追い立てられる方も少なくないと思います。しかし、ぼんやりした思いつきで売り買いをすることは絶対にしてはいけません。分かっていると思いますが、外国為替市場は年中、休みなく為替相場は変動しているし、レートも常時変化しています。そうであっても、何回も売り買いを重ねているとその回数分だけ損をするリスクが高くなります。当然の事ながら、売買の数を積む事でだんだんと儲けられる確率が五分五分になっていきます。でもそれは「なんとなく思いつきでエントリー」してしまうこととは別の話です。注文回数を重ねるというのは、自分自身が「ここは!」と感じたチャンスを得たケースでのエントリー回数を重ねるという事を意味します。ただ何となく、のべつ幕なし売買を繰り返すのとは違う。外国為替市場の勝負にi挑むには己でよく考えてけじめをつけることこそが大切です。「ここがチャンス」と感じたマーケットの時にはいっそのこと保持ポジションを多くして覚悟を決めて儲けを追求します。「だいぶ分かりにくい市場で、どう変化するのかわからないな」と思った時は、諦めて持っているポジションを全部見切りをつけて何もしない。それぐらいのメリハリをつける方が、最後には売買は成功します。為替相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。文字通りその通りだと思います。取引とは常に売買ポジションを保持する事が大事ではなくどれも所持せず待っている事も場面によってはFXです。じゃあ、どういう時に、休めばいいのでしょうか。ひとつは、前述の通り、今の為替相場がしっかりとよく見えない時。ここからドル高になるのか、ドル安になるのかがわからないような時は、思いつきで行動すると、あなたの思った台本とは反対の方向に外国為替市場が変化してしまい、損をする事になります。だから、このような状況ではポジションを無くして静観しているのが最善の策です。ふたつめは、自分自身の体調が思わしくない時です。体の状態と相場に関係性はないと感じる人もいますが意外に関係あります。体の状態が思わしくなければ、市場の大切な場面で冷静な判断を下すことが出来ない場合があります。気乗りがしない時は、トレードから遠ざかる事も大事な事です。
Copyright © 1999 www.icsinternetservices.com All Rights Reserved.