www.icsinternetservices.com

ようやく始める時という段階では、まずは事前準備を手抜きしてはいけません。取引を行う前であるとすれば、起こる事を理性的に観察する事ができる余裕があります。しかし、一回相場の内側へ飛び込んでしまうと、考え方が客観性を欠くものになりがちで、往々にして適切な見方ができなくなる不安があります。そのために自らのメンタルが理性的な段階で、準備をしておくことが大事です。その”準備”のためには始めにあなただけの物語を書くことから始めます。明日からの市場はああだから、ランドを取引するといった、あなたなりのストーリー展開を考えていきます。次に大事なのは日足チャートをチェックする事です。これまでの為替レートの上がり下がり調べて位置を確認する。そうしたら、「今現在は過度に低すぎる段階である」など、あるいは「とっくにたくさんの人々がエントリーしているから今から自分が売り(または買い)してももう遅いな」などと納得できます。当たり前ですが今はもう売り(または買い)するがなすすべがないと考えたならば、仕かけないで、そこはすっぱりと割り切ることが肝心です。どうやっても自身の物語を押し通そうとして吹っ切らずにトレードすると、マーケットにやられて、かえって損失を被ることになる危険性があります。もっとも大体の場面で、準備万端の自らのシナリオを考えておけば、売買が手遅れという具合にはならないだろう。おそらく、現実にマーケットが変動する前の状況のはずだからです。続いては、とりあえずはあなたがエントリーしようとしている通貨ペアの動きを、きちっと見る事が必要です。例としてドル高になるであろうという筋書きを作成したのであればドル円の変動に注目しておくことだ。為替相場の推移を注目し始めたばかりでは、その外貨は分かりやすく変動する様子を見せないで小幅な変化をしているだけでしょう。でも、その上げ下げをきちんと調べていると、あるポイントで、円安の方向へと向い始めます。この場面で初めて、ドル円の注文をします。一般的に、これだけ計画的に準備をすれば、その売り買いで稼げる確率は高まります。
Copyright © 1999 www.icsinternetservices.com All Rights Reserved.