www.icsinternetservices.com

FXにおいては取引所取引という取引がございます。日常的のFX会社と売買を行うことを「店頭取引」と呼びますが、この取引は取引所を通過させないで商いの対象はFX会社になります。「取引所取引」という取引所は外為取引(FX)企業はとはいっても橋渡しありますので、ダイレクトな売り買い対象は取引所という意味になるのです。その違いをこちらでちょっと比べていきましょう。第一に「店頭取引」の際は預託しておる証拠金は外為(FX)会社に束ねされているのです。片や「取引所取引」の時、証拠金は総額取引所に仮納しないとならないと義務になっているのです。そうすることによって万が一外為企業が破綻してしまうというような話があっても、取引所取引は取引所によって資金は全てのお金が防守されているということになるのです。店頭取引の時はFX会社が束ねしているため、状況を見て会社破綻のつけをに遭い預けていた資金は防護されずなのかもしれません。また税金面でも2つには内容に差異が見受けられます。「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として月給と累計で申請せねばなりません。確定申告しないで済む際もあるとの事ですのでおのれに該当するのかしないのか十分調査してください。万が一アナタが勤労者で年収二千万円以下給与所得をはみ出した稼ぎが20万円以下(いくつかの企業から賃金所得は無いということ)といった規定を守っている状態でいるのであれば特別のケースとして確定申告は不要でOKです。FXの収益が二十万円以上次第は確定申告をしなければいけません。税率は所得に伴い5から40%の六段階に分類されておりまして、収益が高ければ高いほどtaxも高くなります。「取引所取引」では、収益があればそれ以外の稼ぎとは別口として「申告分離課税」の対象となってしまうでしょう。税率は全て同じ20%となりますが、損失が確定したしからば「取引所取引」の益として損失分を次年以降に繰越するということが可能です。上記のように、「取引所取引」の方がより価格が少ないtaxになるケースもあるので検討してみた方が良いでしょう。特に未経験者のケースは、株価の変化や円相場に気を配り、利益や赤字にドキドキするがために、税金においての問題を忘れてしまいがちなることもあるので注意しましょう。マイナス分は困ります。でも、稼ぎが多くなれば税金も金額が増加するので目を向けるのと実感をもつ事が大切でしょう。
Copyright © 1999 www.icsinternetservices.com All Rights Reserved.