www.icsinternetservices.com

FX投資をはじめたばかりの方が市場の重要なところを探し出すためには、まず初めに実戦を積み上げていく事が必要です。とりわけ、先に危険性を避けれるようになるには間違いを重ねる事も大事です。ただし、ミスをするといっても、やり直しが効かないほど重大なミスをしてはいけない。ちょっとした負けを何回も積み重ねることが、結果として自分自身の場数を増やす事が出来ます。これを考えると、初めは少額資金で取引を行いそれで何回かちょっとした損をすることを推奨します。仮に、100万円だけしか投資に回すお金のない場面で、いきなり全部つぎ込んでエントリーすると負けた時その後立ち直れなくなってしまう可能性があります。それよりも、一例として資金の10分の1ずつ注文して、これで売り買いを繰り返したほうが所徐に損を回避する技術なども身についていくはずである。はじめにわずかな額でエントリーする事の価値は、先に書いたように自らの経験値を高めマイナスを管理する手段を習得していく事にありますがそれと合わせて、売買の回数を多くして偶然性を小さくできるという長所もあります。仮定として、1回のエントリーで勝てる可能性が5割だとしよう。言い換えると、同じく50%の確率でマイナスになる危険性もあります。勝率50%ということは半々の確率でプラスになる事を意味しています。だけど、全てを注ぎ込んで1回だけの売買をするということは明確な勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。これではたんに1度の賭博と同じです。つまり、全ての資金を投入して1回だけしかエントリーしないと、マイナスになる率が大きくなります。だから、投資資金を全部投入するのではなく、何度かに分けて、チャンスを積む事が危険性を減らす事になります。そしていくつかに分けたとしても全部にプラスにする事は必須ではありません。むしろ、勝つことが出来ないのが本当のところです。投資で不可欠なのは、勝利回数ではなく、どのように利益を上げるかです。勝率が2分の1でも、或いは3割でも利益を上げる事が出来ます。7割負けてもその収益がわずかであれば少ない勝利のプラスの大きさでうまく儲けられます。そのために大切な事は損を少なく、利益を大きくを心がけることだ。損益が出たらすぐさまロスカットして、逆に利益を上げられる状況では可能な限り大きく利益を上げることが、外為取引の経験の浅い方が為替で利益を上げる手段です。
Copyright © 1999 www.icsinternetservices.com All Rights Reserved.