www.icsinternetservices.com

「スプレッド」とは外為取引は通貨を売り買いして利ざやを上げる商取引です。買ったり売ったりの値は、四六時中動いています。これが為替相場です。テレビを見ていると通貨の為替の話題が流れるケースがあります。よく見るのが「今日の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を意味するのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを提示しています。別の言い方をすると、外為取引には買値と売値の2個の値が存在する事を示しています。売値のことをBID、買値のことをASKと表示するFX会社もあります。いつもは買値よりも売値のほうが安くなるものです。あなたが買値は高く、売値は安くなるのです。この差額をスプレッドといいFX会社の稼ぎのひとつといわれています。スプレッドの差はFX取引会社によって変わります。スプレッドの幅は投資家にとってコストになるので、低い取引会社を選択したほうが優位です。ただし、同じ業者でも場面によってスプレッドの幅は大きくなったり小さくなったりします。仮定として円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドでも、為替の上げ下げがとても激しい場面では3銭、4銭になったりする状況があります。という訳で、スプレッド幅が狭いのと同時に、安定している事が大切です。近頃では動かないスプレッド幅を示す取引会社もたくさんあったりします。リアルにFX業者の売り買い画面の中で現実の相場を確認しなければわからないので手間がかかりますが、大切な事です。多額のお金を投入して注文をするのだからトレードの前に魅力的に思えた会社の新規取引口座開設を積極的にして、表示されているスプレッドの幅を確かめましょう。同じペアでも、その瞬間の為替の状態によってスプレッドは異なることがあります。たいがい、インターバンクで取引高が多い外貨ではスプレッドが小さくあとの通貨ペアではスプレッドの広さが大きくなるのが一般的です。
Copyright © 1999 www.icsinternetservices.com All Rights Reserved.