www.icsinternetservices.com

初めて取引する時という場面では、何をおいても事前対策をおろそかにしてはいけません。トレードを行う前であるならばその物を冷静に眺める事ができるゆとりがあります。だがしかし、一度売買の内部へ立ち入ってしまうと、どう工夫しても見解が偏ったものになってしまいがちで、適切な見方ができなくなるリスクがあります。だからこそ自身の考えが冷静な場面で正しく準備する事が大切です。この準備とは、まずは自分だけの台本を記す事から始めます。相場はああだから米ドルを買う(あるいは売る)というような、自分なりの台本を書いていきます。次に重要なのは時間足チャートをチェックしましょう。これまでの市場の値動きを見つめて、現在の位置を確認します。そうしたら、「現時点ではなかなか安いレベルである」とか、または「とっくに多くの投資家が勝負している、これから自分か売買しても今となっては遅すぎるな」ということが判断できます。無論もはや取引するのが手遅れだなと思っていたら何もしないで、そこのところはすっぱりと割り切ることが不可欠です。どう試みても自分の脚本を譲らずに、強引に新規エントリーすると相場にやられて反対に損をすることになりかねない。とは言うもののかなりの場面で、準備が整った自らの物語を考えておくとエントリーがなすすべがないという具合にはならないだろう。たぶん、実際に相場が変動する前の状態のはずです。次に、あなたがエントリーしようと検討している通貨ペアの動きを、じっくりと点検する事が必要です。仮にドル高に向うだろうという物語を考えたのであれば該当する外貨の変化に注目しておきます。外国為替相場の動きを注意を払い始めた状態では目立って動く雰囲気を見せず、上がったり下がったり小さな上下動をしているだけでしょう。だが、その動きをしっかりと調べているとある位置でじわじわと、円安へと市場が推移し始めます。このタイミングでドルの新規注文を出すのだ。普通、慎重に事前の準備を考えておけばそのトレードで勝てる割合は比較的高まります。
Copyright © 1999 www.icsinternetservices.com All Rights Reserved.