www.icsinternetservices.com

外為取引には取引所取引というものがございます。外国為替証拠金取引(FX)業者と取引をとり行う事柄を「店頭取引」と言うのですが、この取引については取引所を通過させないで商売の相手はFX業者になります。「取引所取引」という場所はFX(外国為替証拠金取引)業者は仲介でありますので、直接的の商売相手は取引所になります。その相違をここでいくらか比較してみましょう。最初に「店頭取引」の折は委託しておるお金は外為(FX)会社に調節されているのです。反面「取引所取引」の折、こちらの証拠金は全ての額取引所に供託しないといけないと決まっております。そうすることにより万が一FX会社が破綻してしまうというような問題があったとしても、後者は、取引所によってお金は全姿金守護されることになっています。店頭取引の場合は外為企業が統括しているから、場面によっては企業破綻のしわ寄せをの傷を受けて預けていたお金は防衛されずにいくのかもしれません。更に税金を考慮しても店頭取引と取引所取引は取り決めに相違が見受けられます。「店頭取引」では、変動利益やスワップ利息などを雑所得として賃金と累計で申告しなければいけません。しかれども確定申告しなくても良いケースもあるらしいので、自分にマッチするか否かよく検証をお願いします。仮にアナタが勤労者で収入二千万円以下、給与の所得他実入りが20万円以下(2.3の会社から給料の所得が無いということ)といった取り決めを満たしている状態でいるのであれば例外措置で確定申告はする必要がないです。外為(FX)もうけが二十万円以上際は確定申告をしなければいけません。税の割合は稼ぎに伴い5から40%の六段階に文節されていて儲けが高いのであれば税金も上がります。「取引所取引」においては、利益があった折はその他の所得とは分けておいて「申告分離課税」のターゲットとなってしまうのです。税の割合は一律20%となりますが万一赤字が確定したならば「取引所取引」のメリットとして損失分を翌年以降に繰越ができるのです。上記から読んでも、「取引所取引」の方が安い税率になる場合も大いにあるので検討してみて考えた方が良いと思います。不慣れな者のケースは、ジャスダック株価の上がり下がりや円の状況に一日一日注意して、もうけや損失にスリル満点のがために、税金においての物事を忘れ易くなることもあります。損分は困るのですが、手取りが上がれば税金も額が高くなるので気を配るのとわきまえる事がポイントです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.icsinternetservices.com All Rights Reserved.