www.icsinternetservices.com

FXに関しての面白みは、単品の投資商品であるのですが資金投下の期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」の3つの中からいずれを選択するのかにより資金を費やすやり方が大きく異なるという点にあると言います。まずは外貨に対して投入する「長期の投資」に関して考えよう。長期の投資とは一年以上の長期出資を原則としているのが通常です。普通は為替レートで、一年以上も経った後の為替のレートは円高になっているだろうか、反対に円安になっているかを推測するのは普通は苦難です。実際のところ、「そんなにも後々の変動は見当もつかない」となるのが現実だからです。未知なものを懸命に予言しようにも、そんなことは無理なのです。そういう訳で、外貨を買い、その時点での価格よりも円高だとしても、そのマイナス分はそのうち元に戻るはずだという軽い感覚で売り買いに取り組むのが良いと思います。為替差益をアグレッシブに上げることに限定せず、他からの差益、それはスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げることを、初めのターゲットとして投資してみましょう。無論ちょっとの間で為替変動によるマイナスがたくさん膨らむこともあります。ですからそのようなマイナスにもさほど影響を受けないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめで抑えることは大事です。外国為替証拠金取引(FX)は損が一定範囲を上回って拡大してしまうと、追い証(追加保証金)が必要になったりそれともロスカットがかかったりします。ロスカットになったらその場で売買をフィニッシュせざるを得なくなり、長期投資はできなくなります。こういう危険を回避するには、レバレッジ2?3倍に設定してやり取りするのが安心です。2番目に中期の投資のケースの売り買いを見てみましょう。中期投資のケースは最長でも1?2ヶ月くらい後々を想定しての売り買いを行います。為替のトレードの時、だいたい1ヶ月ほど後のことであればおおよそ、先読みできると言われます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などのような各国の集まりであったり、為替の市場で取引している人たちが何をテーマに着目しているかを聞いてみればだいたい、想定できると思います。こんな経済の状態をチェックしつつグラフを参照することで為替レートの状況を把握できるようになりトレードを判断するべきです。基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニックの両方とも良い方向であり、もしくは買いが同様であれば、ほとんどジャッジした通りに行くと思って良いのです。そういった時はポジションを増やしておけば高い儲けを入手できるのはほぼ確実です。3つ目に短期スタンスのコツです。ここでいう短期のトレードが示しているのはいわゆる日計り取引のことを意味しています。為替市場で日計り取引を行う場合は経済の状況はまるっきり関わりがないと断言していいです。というのも翌日の為替の相場の変動に経済の基礎的条件は関係がないからです。この時、最大のミソは目を引く出来事がある場合それに影響して相場が大きく変動する時を見落とさないようやり取りすることです。たとえば、アメリカ合衆国で雇用の情勢が公開されるもしくは金融政策などにより制作金利が変化するというような出来事。このようなチャンスに変わり目を捉えるとの意味合いから、短期のスタンスでは多様な情報が必要になる。
Copyright © 1999 www.icsinternetservices.com All Rights Reserved.